ニキビ予防と保湿

大人になってからも、ニキビで悩んでいる人は意外と多いものです。思春期の頃ならいざ知らず、大人になってからも出来てしまうニキビ。どこに原因があり、どのように対処すればいいでしょう。その鍵となるのが、実は乾燥肌なのです。

ニキビは、毛穴に皮脂や角質、汚れなどが詰まり発生するものです。こういった原因は洗顔により解消できるはずなのですが、実際は洗顔をすればするほどニキビが悪化するといったことがあるのです。皮脂は本来、乾燥や細菌から肌を守るためにあるものです。しかし、この皮脂を洗顔によりすべて洗い流してしまうとどうなるでしょう。肌はバリア機能である皮脂を失い、一時的に敏感肌となってしまいます。こうなると、肌は水分を溜めておくことができなくなり、正常な状態に戻そうと、皮脂を分泌し始めるのです。ただ、通常は洗顔してもある程度は皮脂が残っているものです。しかし、過剰な洗顔により皮脂を失った肌は、肌に皮脂を取り戻そうと、過剰な皮脂分泌を行うのです。これが、ニキビの原因となります。

つまり、こうした大人ニキビの予防には保湿が必要なのです。正しい洗顔方法を行い、ローションなどで保湿をし、その上で乳液などで肌を保護するのです。また、スキンケアだけでなく日常の生活習慣も改める必要があるでしょう。内的要因と外的要因を改善することで、大人ニキビの悩みを解消するのです。当サイトは、ニキビと保湿などのスキンケアについて説明します。