洗顔と皮脂の過剰分泌

大人になってからのニキビは、肌の乾燥が原因となることがあります。では、なぜ乾燥肌がニキビを引き起こしてしまうのでしょう。通常、肌の表面は皮脂で覆われています。この皮脂の役割としては、肌の水分の蒸発を防ぐことと、外部からの菌やウイルスから肌を守るというバリアとしての機能を持っているのです。そして、過剰な洗顔により肌の皮脂が取り除かれてしまうことで、このバリア機能が著しく低下してしまいます。

バリア機能が低下すると、肌は敏感肌になり水分が溜めにくい状態になってしまいます。これが乾燥肌につながるのです。肌が乾燥すると、今度は皮脂が分泌されます。ただ、乾燥肌の場合、皮脂は通常よりも過剰に分泌されるため、この皮脂により角栓ができ、それが毛穴を詰まらせてしまい、ニキビが発生してしまうのです。

このように、乾燥肌であるからこそ、ニキビができるということが、大人ニキビの大きな特徴と言えます。つまり、スキンケアにより肌を乾燥から守ることが、ニキビを防ぐ重要なポイントとなるのです。そして、乾燥が肌の天敵ということで、夏よりも冬のほうがニキビができやすい環境となります。ニキビの予防とケアは特に冬場を重点に置き行うといいでしょう。