ニキビの原因は乾燥

思春期の頃は、次から次へと出てくるニキビに悩まされるものです。ただ、大人になったからといって、そのニキビができなくなるわけではありません。逆に、大人になってからニキビに悩まされている人も少なくはないのです。では、この大人ニキビはどのような仕組みで発生し、どのようなスキンケアを行えばいいのでしょう。

ニキビはほとんどの場合、それほど深刻な状態になることはありません。しかしニキビは尋常性ざ瘡という病名を持っているように、皮膚の病気なのです。ただ、多くの場合きちんとしたスキンケアさえ怠らなければ、悪化もしませんし、治まってくれるものです。このニキビですが、原因は、毛穴の詰まりです。毛穴が皮脂や角質、あるいは汚れなどで詰まってしまい、その結果、毛穴の中で炎症が起きる症状なのです。

これだけ聞くと、洗顔をしっかりと行い、毛穴の詰まりを取り除くことでニキビは防げるような気がします。しかし、大人になってからのニキビは、この過剰な洗顔によってできることがあるのです。過剰な洗顔によって何が起こるのかと言えば、肌の乾燥です。ニキビは脂っぽい肌にできると思われがちですが、実はこの肌の乾燥こそ、ニキビができる大きなきっかけとなっているのです。